FC2ブログ
サイにゃん闘病日誌 最終章<4>
sai68.jpg
24日 08:08のサイにゃん。外を眺める。何を見ていたのだろう?

23日以降の写真は、とっても少ない。
写真を撮っている場合ではなかったからだと思う。

でも、もう少し、サイにゃん写しておけばよかった。

もうすぐ、ブログにUpできる写真のストックも
なくなる。

後は元気な頃の写真だけ。
でも、サイにゃんってば、落ち着きがない子だったので、
失敗作ばっかり残ってる。

サイにゃんらしいけど・・・・おかんはちょっと泣きたくなったよ・・・・・。


▼△▼△続きは25日更新後~26日Xデーまでの話です。苦手な方はBackして下さい▼△▼△
※写真撮影日と文章内の出来事はLinkしてません。写真はあくまで、記事に載せられなかったものをUpしています※
sai67.jpg
24日 08:10のサイにゃん。おはようv

25日夜は、1時すぎに就寝。
前日も遅かったので、少しでも体力温存しようと思った。


空けて26日。
朝5時すぎ。

リビングの扉を開けるのが怖い・・・・・が、意を決して中に入る。

サイにゃんは、やっぱり横たわっている。
水・・・・・飲んだ形跡なし。
ゴハン・・・・・・食べた形跡なし。

朝方トイレに行くことが多かったので、
『えい!』と、思い切ってハウスのドアを開ける。


・・・・・・・・・・・・・・・・・出てこない。
前日の明け方によろよろとトイレに行ったきりなのに。

飲み食いしていないから出ないのか・・・・・・。

sai66.jpg
24日 14:00のサイにゃん。いつもの定位置。

7時すぎに、新たな缶詰を開けて与えてみる。

ペロッ。

以上。


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

食べられない?
たぶん、そう。
もう、食べられないのかもしれない・・・・・・・・。

不安だった。

sai65.jpg
24日 14:01のサイにゃん。当時はこのポーズが多かったな・・・。

酸素ハウスにいるにも関わらず、苦しそうだ。
ハウスに入る前のように、口を大きく開けて息をし始めた。

そこで、ハウス内に流れ込む酸素濃度50%/流量10Lのホースを、
マスク用の 酸素濃度80%/流量2Lに変更。
加えて、二酸化炭素の性質を考え、
ハウス下にある穴を全開(今までは半開だった)にした。

これで少しは良くなればいい。

とにかく今は、食事よりも水分よりも、その苦しさをなんとか
してあげよう。
呼吸が楽になってから食べればいいし、飲めばイイ!
そう思って。
スポンサーサイト



にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ ブログランキング
参加してます。お気に召しましたなら是非是非ぽちっとお願いしますvモチベーションUpします。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://nanashino2.blog91.fc2.com/tb.php/37-43808bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック